耳かきを綿棒でするのは危険か?自分でできるおすすめのやり方

      2018/07/31

みなさんって耳の掃除はどのようにしていますか?

家族やほかの人に耳かきしてもらったり、病院で耳鼻科の先生に取ってもらったりするなどのやり方がありますよね。子供のころ、自分は父親によく取ってもらっていたのはいい思い出です。

なかでも自分で綿棒を使って耳かきをされる方が多いのではないでしょうか?間違ったやり方で耳かきをすると炎症を起こすなどの危険性があります。

当記事は、耳かきを綿棒でする際の危険性、自分で耳かきをするおすすめのやり方を紹介していきますね。

Sponsored Link

 

耳かきを綿棒でするのは危険か?間違ったやり方とは

耳かきするのに綿棒が悪いというわけではなくて、間違ったやり方をした場合です。

間違ったやり方は、耳かきを綿棒の先端で押し込むようにするのは危険です!どうしてかというと、耳かきで耳垢を奥へかえって押し込んでしまうからです。

耳の穴の鼓膜に耳垢が積もりに積もって耳垢塞栓になる危険があります。ですので無理をして奥まで掃除しようとするのは止めましょう。

本来、耳には自浄作用があります。耳掃除をしなくても耳垢は奥から外へと自然に移動して剥がれ落ちるようになっています。トイレットペーパーで例えると、中心から徐々に捲れることを想像すると分かりやすいですね。

耳かき

 

綿棒を使った耳かきの正しいやり方

綿棒で耳かきするやり方で一番いいのが、風呂上りで耳が適度に湿っているときにやさしくふき取るくらいがいいです。

耳の穴は骨の上に薄い皮膚がかぶさっているだけで、とても傷がつきやすいです。とくに小さいお子様は耳の穴がデリケートで耳かき棒での耳かきは危険ですので、綿棒を使いましょう。

アニサキスの予防法とは?特に気を付けたほうがいい魚の種類と季節

耳垢があまりにも多量で自分ひとりの手に負えない場合は、耳鼻咽喉科に相談するのが無難でおすすめです。

Sponsored Link

 

自分でできる綿棒を使ったおすすめのやり方

はじめは綿棒の裏側を使用して、耳の周りを掃除していきます。力を入れすぎると皮膚を傷つけてしまうので、綿棒の裏側で軽くマッサージをしてあげるように擦るのがコツです。

耳の周りの掃除が終わったら、次に耳の入口も同じように綿棒の裏側で掃除していきます。こうすることで、ひとりの耳かきで安全に耳掃除をすることができます。

次に、綿棒の側面を使って耳の穴を掃除していきます。

綿棒の側面で耳垢が溜まりやすい耳の穴の入り口から1cmほど奥までを掃除してきます。このとき、綿棒の側面で耳の穴を蛇行しながらマッサージするようになぞっていきましょう。

最後に、綿棒の先端を使用して耳の掃除をします。耳の穴の入り口から奥までを円を描くように優しく擦るのがおすすめです。

耳の奥の掃除は約1~1.5cmほどまでにしておきましょう。奥まで耳かきしすぎると、耳の内部や鼓膜を傷つけてしまうので危険です。

 

と、今回はこれで以上です。

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

 - 医学 , , , , , ,