小惑星リュウグウの位置と大きさは?軌道と地球からの距離についても!

      2018/10/03

今月の3日に、ソユーズ宇宙船が地球に着陸し、金井宣茂さんと米露の宇宙飛行士2人が無事に帰還されたというニュースがありましたね。

そしてまたもや、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から興味深いお知らせがありました。

2014年12月3日に打ち上げた「はやぶさ2」が、小惑星リュウグウに今月の27日前後に到着する予定とのことです。

小惑星リュウグウってなんだ...って思われる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?自分も最初は初耳でしたので興味深くなりましたね。。

そんな小惑星リュウグウについて詳しくまとめましたので、今回もよろしくお願いいたします。

Sponsored Link

 

そもそも小惑星リュウグウって何?はやぶさ2の任務についても!

小惑星リュウグウは、1999年5月10日にアメリカの「リンカーン研究所」のLINEARプロジェクトによって発見されました。

ちなみに、昔話題になっていた小惑星イトカワが発見されたのもこのプロジェクトだそうです。

名前の由来は、日本のおとぎ話「浦島太郎」に出てくる竜宮城から来ていますね。

なんだか可愛らしい名前だなぁって思いますが... どうやら危険性も少なからずあるようです。

地球に比較的近い天体の中でも、地球に衝突する可能性が大きいうえ、衝突時に地球に与える影響が大きい危険な小惑星に分類されているとのことです。

それで「はやぶさ2」による宇宙研究の対象にされているんでしょうね。

 

以下に、JAXAの公式チャンネルで「はやぶさ2」の任務をCGで再現した映像がありますので、ごゆっくりお楽しみください

 

いかがでしょうか。過去に「はやぶさ」と小惑星イトカワの件もありましたが、近年の宇宙技術は著しく進歩を遂げていますよね!!

はやぶさ2の構造はどうなっている?イオンエンジンの仕組みも!

2020年の冬に地球到着予定ということですので、無事に任務を終えて帰還することを願っております。

この研究によってどんな成果が出るのが楽しみですよね~。

小惑星リュウグウの軌道

 

小惑星リュウグウの位置はどこ?地球からの距離はどのくらい?

小惑星リュウグウの位置ですが、はやぶさ2プロジェクトマネジャーの津田雄一さんによると

「小惑星リュウグウの位置はまだ正確には分かっていないため、イオンエンジンの運転終了後も誤差が残っている。このため、カメラで直接撮影しながら徐々に誤差を縮めていくことになる」と説明している。 

引用:https://mainichi.jp/articles/20180605/k00/00e/040/263000c

とのことです。

 

そして地球からはやぶさ2の距離ですが、6月5日の毎日新聞によると

地球から約2億8000万キロも離れており、直径約900メートルのリュウグウへ到着するのは、「日本から、ブラジルにある長さ6センチの的を狙う」ほどの精度が求められるそうです。

引用:https://mainichi.jp/articles/20180605/k00/00e/040/263000c

とのことですから、地球から小惑星リュウグウまでの距離は2億8千万km以上ということになりますね。地球上の私たちでは実感できないほどの遠さです(笑)。

 

いまでも、JAXAの「はやぶさ2プロジェクト」のウェブサイトで、探査機はやぶさ2と小惑星リュウグウの距離がリアルタイムで紹介されていますよ。

さっき僕も見てみましたが、なんだか感動的ですよね~w

Sponsored Link

 

小惑星リュウグウの大きさや軌道は?

小惑星リュウグウの大きさですが、直径約900mとのことです。球に近いような形をしているのではないかと想像されております。

参考にですが、小惑星イトカワは直径約330mで、ジャガイモのような細長くいびつな形をしております。

軌道に関しては、地球と火星の間を約1年4ヶ月の公転周期でまわっています。小惑星リュウグウの軌道はイトカワの軌道に似ており、比較的探査機を送りやすい軌道のため小惑星リュウグウが選ばれた理由でもあるようです。

はやぶさ2の任務が成功すれば、日本の高い技術を世界中に知らせることができ、今後の人類の宇宙探査に大きく貢献できることでしょう。

はやぶさ2 マスコットの構造や大きさは?名前の由来やCG動画も!

 

今回はこれで以上となります。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

 - 未分類 , , , , , ,