中井卓大 2018年現在の身長とポジションは?最新の試合動画も!

      2018/08/01

ロシアのワールドカップで、日本が初のベスト8進出を懸けてベルギー代表相手に奮闘した西野ジャパンですが、2対3で惜しくも敗退してしました。

試合の序盤は2対0で西野ジャパンがリードしていましたが、ベルギー代表の猛攻に追いつかれてしまい、相手の驚異的なカウンターで逆転されてしまいました。

あと一歩のところでしたので、応援していた自分も本当に悔しかったです!!

本田圭佑選手や酒井高徳選手は4年後のワールドカップには出場されないことを表明されていますので、今回の大会が最後となります。

一方で、2022年にカタールで開催されるワールドカップでは、誰が日本代表選手となるのかが話題となっています。

現在、レアル・マドリードの下部組織「U-15」でプレーしている“ピピくん“こと中井卓大さんが期待されているようですね。

Sponsored Link

 

2018年現在、中井卓大の身長は?レアルに入団してからどのくらい伸びたの?

中井卓大さんはまだ14歳の中学生です。

もしもサッカーの日本代表に選ばれた場合、4年後のワールドカップに出場するのは18歳になりますね。4年後でも18歳ですか。。自分よりも10歳以上若いなんてホントに羨ましいですね。

2018年現在の中井卓大さんの身長は170cm、ついでに体重はというと52kgだそうです。

中井卓大さんはレアルに入団したのは、2012年にレアルが日本の少年向けに開催したキャンプで認められたことが始まりらしいです。そして2013年春に現地で練習に参加し、同年秋の入団テストで見事に合格してレアルに入団しています。

この時でまだ9歳なのは驚きです。さすがは神童って呼ばれる天才ですよね!

マラドーナ現役時代の凄さとは?プレースタイルや伝説の神の手動画も!

9歳のレアルに入団した時の身長は150cm程だったそうです。そして2016年2月では、身長162cm、体重48.7kgにまで成長しています。このときにファンからは、「中井くんのほうが大きい!」「いつの間にか身長抜かれとるやん」といった驚きの声があがっていました。

確か半年間で3cmも伸びたという報道もありましたね。成長期の男の子って背の伸びしろが計り知れないものですよね~。

これからもっともっと伸びてくるでしょうね。

中井卓大

 

2018年現在、中井卓大のポジションはどこ?プレースタイルについても調査!

それでは中井卓大さんのプレースタイルを見ていきましょう。

特徴としては足の裏を使った技術に優れていて、特にターンダブルタッチの技術が高いです。

相手と相手の間の狭いスペースである中間ポジションを取って、足の裏を使ったターンを中心に相手をドリブルでかわして前に進むことで、フィジカルコンタクトを避けつつ狭いエリアで勝負するタイプですね。

もちろんボールコントロールを始めとしたドリブルスキルもピカイチですが、レアル入団後はパスセンスが向上しているのも見て取れます。

個人的にプレースタイルとしては、日本代表の香川真司選手に似ているかなぁって思いますね。

シモナ・ハレプのラケットのメーカーや値段は?テニスのプレイスタイルも調査!

 

ちなみに、中井卓大さんが所属しているレアルからの評価は

スペインの「ムンド・デポルティーボ」紙 は「ボールを持った際にメディアプンタ(トップ下)で発揮する素晴らしい足元の能力を持っていて、“日本のメッシ”、もしくは“レアル・マドリードのオリベル・アトム(大空翼)”だ」

とのことです。

中井卓大さんはレアルの世界屈指といわれるほどの競争を5年間生き残ってきましたので、まあ当然っちゃ当然の評価ですよね。。

そしてポジションはMF(ミッドフィールダー)で、フォワード(FW)とディフェンダー(DF)の間に位置して、FWとDFの両者をつなぎつつ攻撃と守備の両方に関わるポジションですので、もっとも臨機応変な動きが要求されます。

フットワークが優れてなおかつ状況判断の早い中井卓大さんにはうってつけのポジションといえますね!

Sponsored Link

 

レアル・マドリードU-15の中井卓大が出場している最新の試合動画

下に、6月9日に行われたレアル・マドリードの中井卓大さんが出場している試合の一部始終を収めた最新の動画がありますので、ごゆっくりお楽しみください。

 

いかがでしたか

パス回しのスピードがとても速くて正確で、まるでサッカーのゲームを見ているような感じがしましたね。

年齢が14歳と若く、まだまだ発展途上ですので中井卓大さんの将来には無限の可能性を秘めています。いつか中井卓大さんが日本代表として見られると思うとワクワクすしますね!

今後も中井卓大さんが、サッカーの超一流選手へと上り詰めていく姿に注目していきたいですね。

 

 

今回はこれで以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

 - スポーツ , , , , , , , ,