小松靖アナウンサーが独身でいる理由は?結婚するのはいつ?

   

テレ朝の情報番組「ワイドスクランブル」の5代目司会が誰なのかが決まったようです。

その司会者とは小松靖アナウンサーとのこと。

保守的な考えも持っていてバランスの取れている人柄からファンから高い支持を得ているようですね。実際にネット上で応援の声が多数ありました。

以前司会を務めていた橋本大二郎さんが今年9月いっぱいで卒業されますのでその後任となるようです。就任した小松靖アナウンサーは司会20年間のベテランである大下容子アナウンサーとコンビを組まれるそう。

地上波で司会を務めるのは3年ぶりとのことですが、ご自身の同じスタンスを貫いて頑張って欲しいですね!

小松靖アナウンサーは現在43歳ですが未だに結婚されていないそうですね。語学堪能で海外取材経験も豊富で仕事が出来るうえイケメンなのでモテるとは思いますが...

きっと独身なのには理由があるんでしょうね。

Sponsored Link

 

小松靖アナウンサーが独身でいるのはなぜ?結婚しない理由が気になる

晴れて「ワイドスクランブル」の5代目司会への就任が決定した小松靖アナウンサーは今年11月29日で44歳になります。ですがどうして結婚をされていないのでしょうか。

小松靖アナウンサーが独身でいる理由としてテレビ局のアナウンサーが激務であることが考えられます。好んで独身でいるというよりはアナウンサーの仕事が多忙すぎるが故に結婚する暇がないのだと思います。

その証拠にテレビ局のアナウンサーが独身である方が結構いますね。例えばコンビを組む予定の大下容子アナウンサーだったり、安住紳一郎アナウンサーも結婚されていません。

たしか以前にフジテレビの谷岡慎一アナウンサーとNHKの桑子真帆アナウンサーとの離婚報道がありましたね。結婚したのはいいもののすれ違いなどの理由でわずか1年で離婚されてます。

そのときの離婚の理由がすれ違いだったことも頷けます。アナウンサーという職業柄なためおふたりが逢える時間が限られていますので、夫婦で家庭を築くことさえままならずに結婚生活が破局を迎えてしまったんでしょうね。

皮肉なことにアナウンサーの仕事に結婚生活で得られるはずだった幸せを持っていかれたなって感じがします。

当たり前の話ですけども仕事というのは収入を得る手段のひとつですので生活の糧ともなる非常に大切なことです。しかしこのケースのように仕事に幸せな人生を奪われてしまうとなってくると流石に考え物でしょうね~

早朝の番組を担当するアナウンサーの場合、午前の2時~3時頃に出社するそうです。睡眠時間が2,3時間しかとれないという日も珍しくないとのこと。もちろん朝も晩も関係なく仕事をしたり、休日が不規則になります。

アナウンサーは生半可な体力と精神力では到底できない仕事ですね。

もし自分だったら3日で音を上げてリタイアしてしまいますね(笑)

小松靖アナウンサー

 

2018年現在の小松靖アナウンサーに熱愛彼女はいるの?

独身である小松靖アナウンサーには2018年現在彼女がいるのかどうかが気になるところですね。

ネットで調べてみましたが、小松靖アナウンサーの彼女に繋がる情報は見当たりませんでした。

しかし小松靖アナウンサーは語学堪能で知識もあって仕事もできるうえ身長178cmと長身でイケメンですから羨ましい限りです。もちろんスペックは完全に自分が負けていますので正直なところ嫉妬しております。。

もし小松靖さんがアナウンサーをされていなかったらとっくに彼女ができて結婚をされているんでしょうね。

新しい情報が入り次第、随時追記させていただきますので今後ともよろしくお願いいたします。

Sponsored Link

 

小松靖アナウンサーが結婚するのはいつなのか予想をしてみた!

2018年現在、小松靖アナウンサーには交際中の女性が見当たりません。恐らく現状では婚約相手がいないと考えたほうが無難でしょうね。

しかし女性に比べて男性は結婚適齢期が長いとはいえ43歳という年齢を考慮すると結婚が厳しくなってきそうですね。

小松靖アナウンサーの場合、結婚するなら40台前半にベストだと思いますのであと1,2年以内に結婚したほうが良さそうですね。

結局のところ、小松靖アナウンサーがいつ結婚するのかどうかは未知数といったところでしょう。

AI(歌手)と旦那のHIROとの馴れ初めは?交際期間や結婚した理由も!

 

いかがでしたが

意外にも、小松靖アナウンサーが交際中の彼女はいるのかということや結婚はいつするのだろうという話題はあまり膨れ上がっていないように見えます。

それよりも「ワイドスクランブル」の司会をされることにファンからの期待が高まってきているようですね。

今年9月から小松靖アナウンサーが司会を務められている姿を視聴する日を楽しみにしております。

 

 

今回はこれで以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

 - アナウンサー , , , , , , , ,