成松大介の自衛隊における階級は?ボクシングでのイケメン筋肉画像も!

      2018/08/28

日本ボクシング連盟の山根明前会長らによる助成金流用などの不正疑惑で起こった騒動の中、嬉しい朗報がありました!

男子ライトウエルター級2回戦、リオデジャネイロ五輪代表の成松大介さんがインドネシア選手に5 - 0で完勝して8強入りを決められたそうです。

今回の勝利で目標としている金メダルへと一歩近づきましたね!! 残っている第3回戦以降の試合のご健闘をお祈りします!

成松大介さんはアマチュアボクサーでありながら、じつは自衛隊でもあるとのこと。

というわけで成松大介さんの自衛隊における階級などについて見ていきましょう。

Sponsored Link

 

熊本出身のイケメンボクサー 成松大介がアジア大会で初戦完勝!!

アジア大会で8強入りを果たした成松大介さんがボクシングを始めたきっかけとは何だったんでしょうね。まずは彼の生い立ちについて見てこうと思います。

成松大介さんは1989年12月24日生まれの28歳で、出身地は九州の熊本県とのこと。

クリスマスが誕生日なのは羨ましいですね~。どうしてかっていうと僕の誕生日は7月3日でなんだか七三分けみたいな感じがします。「七三分けはかっこいいじゃないか」と思っている方もいらっしゃるとは思いますが、自分の頭は前髪が少なくて額が広いのでちょっと遠慮したいところです(笑)。

九州は小学生だった数十年前から行っていないですね。親戚を含めた家族旅行で熊本県の阿蘇山に観光したのはいい思い出だったのは懐かしいものです。。

小学4年生の5歳まではサッカー、中学時代は軟式テニスをしていたそうで意外にも格闘技の部活とかはされていなかったようです。そしてボクシング人生が始まったのは、名門である熊本農業高校に入学しボクシング部に入部したのがきっかけです。

格闘技の経験が全くなかった成松大介さんでしたが、抜群の運動神経でボクシングにもすぐに馴染みメキメキと頭角を現して高校3年生の国体で初優勝をする実力者にまで成長しました。

学生時代はスポーツが苦手のドジだった僕にとっては羨ましい限りです。成松大介さんはスポーツ万能な方ですので、きっと学生時代は多くの女子からモテていたんでしょうね。

成松大介

 

成松大介の自衛隊における階級とは?ボクシングの練習環境がスゴイとの噂

さて、メインである成松大介さんの自衛隊での階級を調査してまいりました。

成松大介さんの自衛隊における階級とは2等陸尉の自衛官とのこと。

2等陸尉の階級についてウィキペディア等で見ましたが、自衛官のなかでも幹部クラスに位置するかなり上位の階級であることが分かります。そして自衛官というのは階級を持っている自衛隊員で国際法上、正式に「戦闘員」として扱われて海外の軍隊と同じ立場になります。

また与えられた任務を確実に達成しなければならないので高度な技術を会得しないといけない大変な役職でもあります。

DVDビジュアルブック 自衛隊最新&最強装備パーフェクトガイド [ 野口卓也 ]

しかし成松大介さんは任務を遂行しなければならない一般の自衛官とは違い、「自衛隊体育学校(通称:自体校)」のさらに中の第2教育課「特別体育過程(通称:特体)」に所属しています。特体は陸上自衛隊朝霞駐屯地内にあってオリンピックなどの国際大会に出場する自衛官を育成する課程を用意されています。

この特体に所属する隊員は一般の自衛官が行う演習訓練や災害派遣は免除されていますので、隊員として給料を頂きながら存分に競技の練習に集中できるというアスリートにとっては最高の場所でしょう。

でもそんな夢のような練習環境はもちろん誰でも手に入るわけではなく、1年ごとに入れ替えが行われている厳しい場所でもあります。競技の成績が振るわない隊員は即刻、原隊復帰または依頼退職の命令を下されます。

もしも自分だったら、いかんせん競争に弱い落ちこぼれですので速攻脱落してしまいますね(笑)。だからこそいま一生懸命にブログを書かせてもらっています。

成松大介さんはリオデジャネイロ五輪出場の切符を獲得していますので原隊復帰をされられるという心配はいまのところ無縁でしょうから何よりですね。

ほかに自体校の特体に所属していた隊員として、前回のロンドンオリンピックで活躍した銅メダリストの清水聡さんがいます。惜しくもリオデジャネイロ五輪への出場は叶わなかったので自衛隊を依願退職されてます。

そして2016年7月29日にプロテストに合格し、現在はプロボクサーとして活躍をされています。

Sponsored Link

 

ボクシングをしている成松大介がイケメンすぎる!筋肉モリモリ画像に惚れ惚れしそう!

自衛隊の特体に所属している成松大介さんは以前にイケメン筋肉ボクサーで話題になったことがありましたね。

成松大介さんを画像検索してみてたところ、どれも筋肉マッチョでイケメンな画像ばかりでしたね。。

下に、ボクシングの練習をしている成松大介さんの画像があります。

成松大介

 

むかしは右腕だけ極端に太かったそうで、学生時代の同級生からは「シオマネキ」と呼ばれていたこともあったそうですね(笑)。

中学時代からダンベルトレーニングをひたすら継続していたそうですから、このような愛称が付くほどの偏った筋肉がついてしまったんでしょうね。

才木玲佳の出身高校はどこ?昔と現在の筋肉量を比較してみた!

いまの成松大介さんのボディは言うまでもなく均一で美しい筋肉をされてます。実際に成松大介さんの筋肉に沖島輝さんと田中亮明さんが釘付けになっている動画がツイッターにありますので、気になる方は観てみてはいかがでしょうか。

逆に僕の場合はというと、昔から細腕のヒョロヒョロな体型でしたので兄弟からは「モヤシ」って言われたりなんてこともありましたねww 生まれ持った才能とは言えやっぱり同じ男ということもありますので羨望の感情を抱いてしまいますね~

 

今回はこれで以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

 - スポーツ , , , , , , , ,