コカ・コーラ プラスコーヒーの味を予想!カロリーや糖質の量は?

      2018/09/07

コカ・コーラシステムがトンデモな商品を発売するそうです。

コーヒー味コーラ、その名も『コカ・コーラ プラスコーヒー』を9月17日に全国のコンビニ、自動販売機で販売するとのこと。

昨年9月にも同じコンセプトだった「コカ・コーラ コーヒープラス」が関東と東北地域の自動販売機限定で発売されていました。これがSNSでの反響も大きくて好評だったことから全国でリニューアル販売することになったそうです。

購買層として狙っているのは仕事中にコーヒーと炭酸飲料の両方をよく飲む傾向のある35歳以上らしいですが、この「コーヒー味コーラ」の発売に踏み切るとはコカ・コーラシステムさんの覚悟がうかがえます。

まだ発売されていませんので実物はないですが、実際の味が気になるところですね。

Sponsored Link

 

コカ・コーラ プラスコーヒーの味を予想してみた!おいしい?それともまずい?

コカ・コーラ プラスコーヒーの気になる味ですが、9月17日から販売開始となっていますのでまだ発売されていません。

そこで限定販売されていたコカ・コーラ コーヒープラスの味を参考にして予想していきましょう。

コカ・コーラの甘みと炭酸の刺激にコーヒーエキスの粉が加えられていますので、ほろ苦い後味を楽しめます。またコーヒーパウダー由来のカフェインがプラスされていますので、仕事中や休憩時の気分転換、移動中などといった集中したいときにオススメでしょうね。

コカ・コーラ コカ・コーラ 160ml 30缶【1two】

コーヒー独特のほろ苦さやコク、すなわち「大人の味」が好みな方にとってはおいしいと思います。

自分はいかんせんお子ちゃまなものでコーヒーは苦手ですね(笑)。どちらかというとお冷や麦茶といった素朴であっさりとした飲み物が好きです。恐らく僕のようなコーヒーが苦手な方にはコカ・コーラ プラスコーヒーはまずいと感じてしまうでしょうね。

結局のところ、おいしいかまずいかは各個人の味の好みによって違いが出てきそうですね。

コカ・コーラプラスコーヒー

 

コカ・コーラ プラスコーヒーの気になるカロリーと糖質、カフェインの量は?

コカ・コーラ プラスコーヒーは、250mlの缶入りでメーカー希望小売価格は128円(税別)とのこと。これは試験的に販売されていたコカ・コーラ コーヒープラスは190mlでしたので幾分増量されています。

コカ・コーラ プラスコーヒーとコカ・コーラ コーヒープラスってなんだか紛らわしいですね(笑)。

コカ・コーラの公式サイトで確認したところ、コカ・コーラ プラスコーヒーのカロリーや糖質、カフェインといった情報はまだ明らかになっていないようです。

期間限定で販売していたコカ・コーラ コーヒープラスは1本あたりカフェインが34mg、カロリーは42kcalだったそうです。しかし糖質に関しては、人工甘味料(アセスルファムK、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)が使用されていたため糖質はゼロということになります。

新発売されるコカ・コーラ プラスコーヒーがコカ・コーラ コーヒープラスと同じ成分含有量であるものとして計算するとカフェイン45mg、カロリー55kcal、糖質0gとなりますね。

しかしあくまで予想ですので、その点についてはご了承くださいますようお願いします。新しい情報が入り次第、随時更新させていただきますので今後ともよろしくお願いいたします。

Sponsored Link

 

コカ・コーラ プラスコーヒーの発売にみんなの反応は?

コカ・コーラ プラスコーヒーが発売決定したことに対してのネット上のみんなの反応や意見について見ていきましょう!

ネット上にあるみんなの反応の例を挙げると

普通にまずそう。

前に激マズな炭酸入りコーヒーが確かあったはずだけど、それの二の舞になりそう

それだったらコーヒー飲む。

のような声が上がっています。

自分としては、正直なところコーラにコーヒーってまずいという先入観がどうしても少なからずあります。でも飲んでみたら意外とおいしいなんてこともありますからね~

それはさておき、9月17日の発売される日が楽しみですね!!

 

今回はこれで以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

 - 生活 , , , , , , , , ,