高瀬耕造 嫁の川野美咲との馴れ初めや子供は?大学時代の逸話が面白い!

   

きのう6日に北海道で最大震度7という大きな地震がありましたね。

北海道の各地で液状化などの大規模な土砂災害や住宅など建物の損壊といった被害が広範囲に及びました。この震災によって避難所での生活を余儀なくしている方が多くおられるような状況になっています。

僕からも、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

北海道で発生した震災に対して、とあるテレビアナウンサーによる呼びかけがいまネット上で話題になっています。

それはNHKの高瀬耕造アナウンサーです。

高瀬耕造さんは時々自虐ネタを発言することが面白いという評判を得ていることで知られています。そんな彼は川野美咲さんと結婚をされています。

今回は、おふたりの出会いのきっかけなどを調査してまいりました。

Sponsored Link

 

高瀬耕造と嫁の川野美咲との馴れ初めは?出会いのきっかけが気になる

高瀬耕造さんはは2003年12月に当時テレビ新潟のアナウンサーだった川野美咲さんと結婚しています。

馴れ初めはというと、2001年に初任地のNHK入局後新潟放送局に勤務していたときに川野美咲さんと知り合ったとのことです。そして川野美咲さんは2004年にNHK新潟放送局を退職されて、現在は一般人になられています。

矢沢心の3人目の妊娠はいつ?魔裟斗との馴れ初めや子供の画像も!

高瀬耕造さんは普段冷静であるもののどこか温かい部分を持ち合わせている方なので、嫁さんもきっと優しい方だと思います。だからこそお互いに惹かれ合って結ばれたんでしょうね。

ちなみに川野美咲さんは「広島観光親善大使」と「きものの女王」の中国・四国地区代表に選ばれたことがあるそうです。きっと彼女はとってもお綺麗なんでしょうね。

さすがは高瀬耕造さんのお目が高いといったところでしょうか。。

高瀬耕造

 

高瀬耕造と嫁の川野美咲との間に子供はいるの?

2018年現在、おふたりの間に子供がいるかは公表はされていません

しかし過去に、加古川市の同級生だった久保利明さんやレイザーラモンHGさんと一緒にトークショー『井戸パパ会議 in 加古川』で司会・進行をしていたという情報がありました!

これってなんだか子供がいるような雰囲気を感じて取れますね。

ですので、高瀬耕造さんも子供がいるお父さんである可能性も十分考えられます。

Sponsored Link

 

高瀬耕造の大学時代にあった逸話が面白い!高校時代のエピソードも紹介!

高瀬耕造さんは今年4月2日に放送されたNHKの番組『おはよう日本』で、大学時代のエピソードを語られたことで面白い話題になりました。

高瀬耕造さんによると「(入学式に)ストレートパーマかけて臨みましたよ。大失敗でしたけどもね」という逸話があったそう。

当時放送された『おはよう日本』によると詳細は以下の通りです。

「若者たちの新たな門出」の一つとして、早稲田大学の入学式の様子を取材したVTRが放送された。早大は高瀬アナの母校である

その中で、ある新入生(宮城県出身)の男の子が「まだちょっと田舎臭さがあるので、東京に染まってない感じが強いので、まずいろんなところに遊びに行って、東京慣れしたいと思います」と発言していた

そんなVTRの後、和久田麻由子アナが高瀬アナに「染まらなくていいんですよね。高瀬さん?」と問いかけた

その問いかけに対して高瀬アナは、「いやぁ、私思い出しますよ。20年前、ストレートパーマかけて臨みました、大失敗でしたけどもね。ええ」と発言した

その発言に、和久田アナは「いやいやいや・・・」と戸惑いつつも「みなさん、希望を胸にスタートを切りましたけれども」と話題を切り替えた

高瀬耕造さんの高校・大学時代は天然パーマだったんですね~ 意外で面白いです(笑)。

自分は髪の毛の癖が強いのですが、学生時代はとくに梅雨などの湿気の多い日の寝癖グセには悩まされていましたね~。同級生に僕の髪型が面白いってからかわれたりもしましたが...

いま自分は短髪にしていますので気にしてはいませんが、あまり髪の毛を伸ばせないので頭髪に癖のない人が羨ましいです。。

 

いかがでしょうか

ここまで高瀬耕造さんの逸話やエピソードについて書いていきましたが、自虐ネタを時々織り交ぜるなどで面白いアナウンサーとして活躍している彼の意外性が垣間見えます。

ちなみに高校は、兵庫県立加古川東高校の普通科だったそうで偏差値は66~69というレベルの高さです。また中学・高校時代はバスケットボール部に所属していました。学生時代から勉強もスポーツもできる文武両道だったんでしょうね。

今更ながら自分も彼のような明るい青春時代を送りたかったな~と思いますね。

 

 

今回はこれで以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

 - アナウンサー , , , , , , , , ,