池江璃花子の白血病は急性と慢性のどっち?現在の進行状態が心配!

      2019/02/13

驚愕のニュースがありました!!

なんと競泳女子の池江璃花子選手が白血病と診断されたことを自身のツイッターで発表されました!

池江璃花子選手って来年の東京オリンピックでかなり期待されていた方ですよね。。

残酷な現実と言わんばかりに突きつけられた突然の白血病。。彼女を応援したいところですが正直、言葉が出てこないくらい悲しい出来事です...

本当に一日でも早い病気の完治、そしてご回復を心よりお祈りいたします。

そこで今回は、池江璃花子選手の患っている白血病は急性と慢性のどっちなのか?そして病気の進行具合が心配になってきましたので調べてみようと思います。

Sponsored Link

 

競泳女子の池江璃花子が白血病と診断!!本日午後4時から日本水泳連盟による緊急会見!

きょう12日に流れた競泳女子の池江璃花子選手が白血病に患っていたという衝撃的な報道。

この事実はヤフーやデイリースポーツ、ライブドアニュースといった各ニュースサイトも大々的に報道しております。話題の発端は冒頭でお話ししたように池江璃花子選手自身のツイッター上での発表でした。

実際に池江璃花子選手がその内容を投稿したツイッターを下に貼っておきますが

この内容を見た瞬間、ぶっちゃけ夢か何かなって思いましたね。。

現在18歳の池江璃花子選手にとっては少々どころではない酷な事実です。東京オリンピック出場を目標にしていた彼女の悔しい気持ちは計り知れません。

しかし、そんな状況でも池江璃花子選手は臆することなく白血病であるのを公表されております。その勇気は素晴らしいの一言!! 彼女を見ているとなんだかまだまだ自分の置かれている状態は全然ぬるま湯なんだなぁと思いましたw

普段何気なく生きている自分ですが、健康であるのはどれだけ有難いことであるのかを再度改めさせられましたね~

吉田沙保里が20年以上ぶりに服用した市販薬(かぜ薬)の種類って何?

池江璃花子

 

池江璃花子の病気である白血病って急性と慢性のどっちなの?

体調不良によりオーストラリアから日本に緊急帰国し、白血病であると診断された池江璃花子選手。

ニュースを聞いたみなさんの中には「急性白血病なのか?それとも慢性白血病なのか?」と気になる方は少なからずおられると思います。

どっちか気になって調査してみましたが、現時点において池江璃花子選手の白血病に関する情報は公表されておりません。

ただご本人は「しっかり治療すれば完治する病気」とおっしゃられてます。

どうか一秒でも早く白血病なんてやっつけて欲しいです。。僕たちはそれを信じて祈りましょう!!

Sponsored Link

 

2019年現在、白血病になった池江璃花子の病気の状態は?進行具合が心配!

池江璃花子選手の病気である白血病の状態、そして進行具合がとても心配になってきました。。そこで彼女の病気の状態を匂わせるような記事がありました!

それは『デイリースポーツ』によると以下の通りで

振り返れば、池江は今年に入って間もない頃から体調の異変を感じていた。

池江の2019年初レースは1月13日に都内で行われた三菱養和スプリント。得意の100メートルバタフライは、1分00秒41と、自己ベスト(56秒08)とはかなり差があるタイムだった。出場を予定していた200メートル自由形は体調面を考慮して棄権。レース後は「自分でもビックリするくらいタイムが遅かった」と話し「体のだるさを感じることが多くなっている。去年に比べるとだいぶ疲れの抜けが遅くなっている感じはしている」と明かしていた。

ただ、当時はあくまで本人も周囲も疲労が原因と考えていた。実際、米アリゾナ州フラッグスタッフで約3週間行った高地合宿から12月24日に帰国し、大みそかは紅白歌合戦に審査員として出席。年明けも表彰式の出席が続くなど、慌ただしい年末年始を過ごしていたのだ。池江自身も「高地疲れもあると思う」と話していた。

とはいえ「今まで自分が調子悪かったときは1、2日で治っていることが多かった。長引いているのは心配」と、自身の変化に若干の懸念を示していたのも事実。指導する三木二郎コーチ(35)も高地合宿中、最後の練習を1回休ませたことや下痢が続いて体重が1、2キロ落ちたことを明かしており「体調見てやっていけたら」と話していた。

引用:https://www.daily.co.jp/general/2019/02/12/0012058901.shtml

とのこと。

つまり既に病気の予兆は約1ヶ月ほど前にあったということが分かります。

きょう12日、東京都内で行われた緊急会見で池江璃花子選手が所属しているルネサンスの吉田正昭社長が出席した際に、彼女は現在入院中で担当医師からは「早期の発見だった」と伝えられた模様です。

白血病は早期発見しているみたいなので、2019年現在は病状(病気の状態)は安定していると信じたいですね。

小笠原道大は額を何針縫ったの?怪我で顔がパンパンになった画像も!

今後も池江璃花子選手が患っている病気の状態および進行具合について情報が入りましたら随時追記させていただきます。

 

今回はこれで以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

 - スポーツ , , , , , , , , , , , ,