アニサキスの予防法とは?特に気を付けたほうがいい魚の種類と季節

      2018/07/30

みなさんは魚のお刺身はお好きでしょうか?

僕は大好きです。特に、夜のスーパーで半額になった刺身の盛り合わせとかは大好物です(笑)。

最近のニュースでも、魚を生で食べて食中毒になる患者が増えているため話題になっている寄生虫のアニサキス

2~3cmほどの大きさの線虫で、これが生きたまま体内に入ると大変で腹部の激痛や嘔吐の症状に襲われるそうです。

もしかしたら、心当たりのある方がおられるんじゃないかと思います。

今回は、アニサキスの食中毒を予防する方法、気を付けたほうがいい魚の種類と季節について書いていきます。

Sponsored Link

 

アニサキスの予防法とは?食中毒にならないような生魚の食べ方

一番確実な方法は、生魚を食べないことですね。

焼き魚、魚の照り焼きやサバの缶詰とかは絶対安全です。

生魚を食べないって、刺身や寿司が食べないってことですのでこれを聞くと辛いですよね。

アニサキスは生きている魚の内臓に寄生していますので、水揚げされて時間が経つと内臓から身へと移るそうです。

物理的に防ぐ方法としては、よく噛んで食べることです。

アニサキスは少しの傷ですぐにお亡くなりになりますので。

けれど、確実にアニサキスの小さい幼虫をかみ切るのは難しいのであまりいい方法ではないです。

生魚の短冊や切り身に、渦巻状や糸状の幼虫がある場合はピンセットなどで取り除くなどの注意が必要です。

刺身

 

アニサキスの寄生率が特に高い魚とは?

魚だけでも、サバ、サンマ、アジ、イワシ、ヒラメ、サケ、カツオ、タラ等がありますのでキリがないです(笑)。

特に注意したほうがいい魚はサバですね。

サバはアニサキスが寄生している可能性が非常に高く、中でもシメサバは注意が必要です。

アニサキスは酢締めでも死滅しませんので、シメサバを食べた人が食中毒になる報告例が多いです。

クロマグロが絶滅危惧種で規制しているのに北海道で取りすぎる理由

魚以外にも、イカは危険です。

イカの身は白く、半透明のアニサキスは目視で見辛いので見落としが多いです。

くれぐれも自分で丸々一匹のイカを刺身にして食べたりしないように。

食べるのなら、スーパーなどで売っている細くカットされた『イカそうめん』が安全です。

Sponsored Link

 

アニサキスの食中毒になりやすい季節とは?

日本でアニサキスの被害が多い季節は、秋から冬かけて特に9月頃がピークだそうです。

9月と言えば、サバやサンマが旬の季節です。サンマの刺身などで生魚を食べる機会のある人は気を付けたいところですね。

もちろんシメサバもですが。

万が一、食べてしまっても胃に到達することはあまりないそうです。

もし体内に入ってしまい胃まで到達した場合、耐え難い激痛などの症状が8時間以内に起こるそうですので病院行きです。

せっかくおいしい刺身を食べて、後から痛い目に合うなんて嫌ですよね...

これからも刺身や寿司はおいしく食べたいものです。

以上のように、生魚を食べる際は注意して食べてくださいね。

 - 未分類 , , , , , ,