東京五輪 ピクトグラム制作費用や期間は?廣村正彰らメンバーが誰なのか調査!

      2019/03/13

きょう3月12日で2020年の東京オリンピック開幕まで残すところあと500日となりました。

それに伴い、大会組織委員会から重大発表がありました!!

東京オリンピックの実施競技を表すスポーツピクトグラム(絵文字)が公表されました! それで今回、明らかになったピクトグラムはなんと50種類に及ぶのだとか。

ピクトグラムの制作に携わった方々はグラフィックデザイナーの廣村正彰さんを含めた約10人のチームみたいです。ということはメンバー総出でデザイン作成に相当力を入れていたに違いありませんね~

一体、ピクトグラム制作の費用や期間ってどれくらいなんでしょうね?

Sponsored Link

 

2020年東京オリンピックのピクトグラムが発表!!制作者は廣村正彰ら約10人のチーム!

いま現在においても、新国立競技場などを含めた11の会場が新たに建設されており来年の東京オリンピックに向けて工事は着々と進んでいる模様です。

各々の会場は来年の春にかけて次々と完成する予定とのこと。

そこで2020年東京オリンピックの開催まで残り500日となった中、今回ニュースになった報道は以下の通りです。

2020年東京五輪の開幕まで500日となった12日、大会組織委員会は五輪の実施競技を表す50種類のピクトグラム(絵文字)を公表した。初めて五輪で使用された1964年東京五輪当時のシンプルなデザインを継承しつつ、選手の躍動感を表現した。

ピクトグラムは、海外からの来場者を想定し、言葉が分からなくても困らないように気配りする日本流の「おもてなし」の一つで、トイレなど施設を示すものは東京五輪をきっかけに世界中に広がった。

64年の東京五輪では20種類だったが、今回は全33競技で50種類と2.5倍に増加。自転車のロード、トラック種目など競技特性により細分化しており、五輪初採用の空手も「形」と「組手」の2種類が作られた。

最近の五輪では中国の象形文字をモチーフにした08年北京大会など開催都市の自然や文化を反映させたデザインが多いが、今回はシンプルで分かりやすい表現を追求。原点である64年東京五輪のレガシー(遺産)を生かした形になった。

64年の東京五輪よりも選手の躍動感が伝わるよう体の輪郭を曲線にして筋肉の動きを表現するなど工夫を凝らした。柔道は投げ技を決める場面を用い、陸上は腕や胸の筋肉を強調した。

17年6月から広告大手・電通と業務委託契約を結び、グラフィックデザイナーの廣村正彰さん(64)ら約10人のチームで制作してきた。国内の商標登録など必要な手続きは済んでいるといい、チケットや会場装飾などに使用する。パラリンピックの競技用は23種類あり、開幕500日前の4月13日に公表予定。

12日午前に東京都江東区であったイベントには、16年リオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダルメンバーの飯塚翔太(ミズノ)、空手女子形で世界選手権2度優勝の清水希容(ミキハウス)が参加。同区立有明西学園の児童48人とともに、50種類のピクトグラムのパネルを掲げてお披露目した。

廣村さんは日本科学未来館や横須賀美術館などのデザインを手掛けたことで知られ、「2008毎日デザイン賞」など数多くの賞を受賞している。イベントで廣村さんは「私たちがデザインしてきた五輪の歴史の一つになる。皆さんに愛されるように願っている」と期待を込めた。飯塚と清水はピクトグラムのポーズを再現。飯塚は「今にも動き出しそうな躍動感がある」と印象を語り、清水も「リアルに再現されていてかっこいい」と話した。【田原和宏、浅妻博之】

引用:https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20190312/k00/00m/050/052000c

先ほど自分も公表されてばかりである東京オリンピックのピクトグラムをネットで見ましたが、選手の躍動感が見事に表現されていましたね~

自衛官募集ポスター(滋賀)の作成者は誰で名前は?元ネタがストライクウィッチーズ!!

東京オリンピックのピクトグラム

 

東京五輪ピクトグラムの制作費用はいくら?デザイン作成の期間ってどのくらい?

本日の報道によって明らかとなった2020年東京オリンピックの50種類に及ぶスポーツピクトグラム。

これらの制作費の総額はいくらなのか気になりますよね。

制作費用がいくらなのかを調査してみました。残念ながら手掛かりとなる情報を掴むことは出来ませんでした。。

また、ピクトグラムのデザイン作成期間についても調べてみましたが制作費用と同様に不明です。

ですが日本科学未来館、横須賀美術館、鉄道博物館、すみだ水族館、東京ステーションギャラリー、名古屋城本丸御殿などのCIやアートディレクションを手掛けた超一流のグラフィックデザイナーである廣村正彰さんを中心に制作されたあたり制作費用はかなりお高いのでしょうね。。

単純に1デザイン100万円とすれば合計5000万円する計算になりますね... 色々想像したら恐ろしい金額に膨れ上がってきましたw

Sponsored Link

 

スポーツピクトグラムを制作した廣村正彰さん以外のメンバーが誰なのか気になる

東京五輪ピクトグラムの開発チームのメンバーが廣村正彰さんら約10人ということは、廣村正彰さんのほかにも少なくとも9人いる計算になりますね。

廣村正彰さん以外の制作メンバーを調べてみましたが、今のところ廣村正彰さん以外のメンバーが誰なのかは明らかになっておりません。

ちなみに余談ですが、1964年東京オリンピックのスポーツピクトグラムを制作したのはデザイン評論家の勝見勝氏さんを中心とした11人のグラフィックデザイナーだそう。しかし現在、勝見勝氏さんは1983年11月10日に亡くなられています。

松本壮由(バルーンアーティスト)の年齢や顔画像は?かわいい作品集も

今後、東京オリンピックのピクトグラム制作費用と期間はどのくらいなのか、そして廣村正彰さん以外のメンバーが判明しましたら随時追記させていただきます。

完成したスポーツピクトグラムは東京オリンピックのチケットや会場装飾などに使用される予定ですので、オリンピックの開会式が行われる日が楽しみですよね!!

 

今回はこれで以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

 - スポーツ , , , , , , , , , , , , , ,