M87(ブラックホール撮影)銀河の方角は?肉眼で見えるのか気になる

      2019/04/12

ここ数日前、宇宙に関する大変興味深いニュースがありましたよね!!

なんと世界で初めてブラックホールの撮影に成功したそうです!

ブラックホールといったら、宇宙ロマンの代表格ですよね~ 昔からブラックホールは観測が難しいうえ多くの謎に包まれています。

今回、世界初の撮影に成功したブラックホールは「M87」という銀河の中心にあるのだそう。。

ブラックホールの直接観測が成功したことで話題になっている銀河「M87」はどの方角にあるんでしょうね? また、ブラックホールのある銀河「M87」は肉眼で見えるのか? それに地球からの距離が気になったので調べてみました!

Sponsored Link

 

銀河「M87」中心にあるブラックホール直接観測のニュース!世界初の撮影に成功!!

未だに多くの謎に包まれているブラックホールを直接撮影することに成功したという衝撃のニュース。

判明したのは昨日10日で国立天文台などの国際研究チームによる発表です。

実際に、国立天文台などのチームが記者会見を行っている動画を下にご用意しました~ ごゆっくりとお楽しみいただけたら幸いです。

自分も動画を観ましたが正直なところ、記者会見には専門用語ばかり出てくるためか、どれも理解し難い内容ですね(笑)。

しかし今回、撮影に成功したブラックホールは輪郭のみで本体ではないものの、ブラックホールの直接観測は素晴らしい成果だと思います。

世界6ヶ所の望遠鏡で同時に観測し、解像度を飛躍的に高めてようやくブラックホールの真っ黒な穴を捉えたらしいですから、かなり距離が離れているものと思われます。

やっぱり宇宙って無限大にロマン溢れる舞台ですから想像するだけで楽しいですよね!

はやぶさ2のリュウグウ着地地点はどこ?タッチダウン中継動画も!

ブラックホール撮影

 

世界初ブラックホール撮影成功したM87銀河の方角はどこ?

では、世界初のブラックホール撮影に成功するきっかけとなった銀河「M87」はどの方角にあるのでしょうね?

調査したところ、おとめ座が見える方角は南の空みたいで、観測しやすい時期は4月の午前0時、5月の22時、6月の20時頃だそうです。

そのおとめ座の名前の通りである銀河団『おとめ座銀河団』の中心部に「M87」がある模様です。

ちなみに「M87」は巨大楕円銀河で中心にあるブラックホールの質量が太陽の約65億倍に相当するほど超巨大なんだとか。。銀河の半径が約200億キロで太陽系ほどの大きさらしいです。

宇宙の大きさといい距離といい、もはや我々人間にとっては想像し難いスケールですね(笑)。

Sponsored Link

 

そもそもM87銀河って肉眼で見えるの?地球からの距離は?

さて、銀河「M87」までの気になる距離は地球からどのくらいなのか?また肉眼で見えるのか?

報道によりますと、「M87」の場所は地球から約5500万光年離れた距離にあるようです。

光が1年かかって到着する距離が1光年ですが、わかりやすいようにキロメートルに換算すると約9兆4600億km。銀河「M87」に行くには光の速度ですら5500万年かかる距離なので途方もない距離です。。

小惑星リュウグウの位置と大きさは?軌道と地球からの距離についても!

ですから肉眼で見えるどころか見ることすら不可能でしょうねww 太陽系の惑星である天王星と海王星でさえ肉眼で見るのは無理だといわれてますからね~

それに「M87」はかの有名なハッブル宇宙望遠鏡を用いて、やっと銀河から噴き出すジェットなどをくっきり捉えられるくらいですので...

今後、ブラックホールに関する新たな発見がニュースになるのを楽しみにしております。

 

今回はこれで以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

 - 未分類 , , , , , , , , , , ,