尾美としのりと23年間絶縁状態の超大物Xは誰?原因の問題発言内容は?

      2019/04/20

あさって金曜よる7時から『爆報!THEフライデー【作曲家の遺産相続問題&あの人は今大追跡SP】』が放送するようです。

当日の放送で青春俳優の尾美としのりさんが出演されますが、なんと彼は超大物Xとの因縁を暴露してますw

ある問題発言が原因で、なんと23年間も絶縁状態だったという。。長らくの間、尾美としのりさんは超大物Xと何らかの因縁があったみたいですね~

尾美としのりさんと23年間絶縁状態が続いたとされる超大物Xの正体とは一体誰なんでしょうね?

Sponsored Link

 

4月19日の『爆報!THEフライデー』に尾美としのりが登場!!

4月19日に放送される『爆報!THEフライデー 』のスペシャル放送で登場する尾美としのりさん。

その番組で尾美としのりさんが取り上げられる内容とは以下の通りです。

【俳優の一生の後悔】
▽青春俳優・尾美としのりが超大物Xとの因縁を初告白!
ある問題発言がきっかけで決裂!?23年間、絶縁状態だった!?
そして今夜、尾美に内緒で超大物Xがカメラの前に!

引用:https://tver.jp/episode/57169184

番組内容を見たら「俳優の一生の後悔」となってますので、尾美としのりさんにとってはさぞ痛い思い出だったのでしょうね。。尾美としのりさんは過去、超大物Xに対して瞬く間に絶縁状態になるほどの問題発言をしてしまったに違いないと思います。

ですから絶縁状態の原因が明らかになる放送当日が一層楽しみになってきました!

続いて、いよいよ超大物Xの正体が誰なのかに迫っていきましょうか!

大石夢陽(バドミントン天才少女)プロフィール!決勝戦の動画がかわいい!

爆報theフライデー

 

尾美としのりと23年間絶縁状態だった超大物Xの正体って誰なの?原因は問題発言!?

果たして、尾美としのりさんと23年間絶縁状態が続いた超大物Xの正体は誰なのか?

超大物Xの素性を懸命に探ってみましたが、やはり現時点においては正体が誰なのか明らかにはなっておりません。

たったの一言で絶縁状態が23年間続いたということを考えると、恐らく超大物Xは気難しい性格をしている方なんじゃないでしょうか。

尾美としのりさんは問題発言が原因で超大物Xと23年間絶縁状態になったようですが、きっとご本人は今でも彼に言ってしまったことを相当後悔されていることでしょうね~

Sponsored Link

 

 

 

 

尾美としのりが超大物Xと23年間絶縁状態の原因になった問題発言の内容とは一体?

では、尾美としのりさんが超大物Xに対してある問題発言をしてしまった結果、それがきっかけで23年間絶縁状態に至ってしまった発言の内容が気になります!

その問題発言の内容を調査してみましたが、残念ながら超大物Xと同様に不明でした。。

ただ、超大物Xと23年間絶縁状態になってしまったあたり、相当インパクトのあった問題発言だと考えられます。

やっぱり超大物Xと問題発言内容を手っ取り早く知るには当日のテレビを視聴するのが一番でしょうね~

国民1万人総選挙2019で1位の冷凍食品って何?気になる順位予想は?

今後、超大物Xの正体は誰なのか?そして過去に尾美としのりさんが言ったとされる問題発言の内容が判明し次第、随時追記いたします。

19日の放送では、尾美としのりさんに内緒で超大物Xがカメラの前に姿を現すそうですが、これを機にぜひとも尾美としのりさんと超大物Xが仲直りしてくれたらいいですよね!!

Sponsored Link

 

追記

尾美としのりさんと23年間絶縁状態の超大物Xの正体が誰なのか判明しました!

超大物Xとは、映画監督の大林宣彦さんのことでした!!

尾美としのりさんと大林宣彦さんのおふたりが23年間絶縁状態になった経緯は以下の通りで

尾美は幼稚園のころから子役として活躍していたが、1982年、16歳で大林監督の映画「転校生」の主役に抜てきされた。以後、83年に「時をかける少女」、85年には「さびしんぼう」と続く“尾道三部作”に主演するなど同監督作品への出演が続いた。

ところが29歳のとき、雑誌で大林監督のインタビュー記事を見てショックを受ける。そこで監督は「尾美くんは僕の映画からは卒業だね」と卒業宣告をしていた。「どういうことなんだ」と当初は見当がつかなかったが、かつて楽屋で「たまには大林監督以外のほかの仕事もしてみたい」と愚痴をこぼしたことを思い出し、その発言が伝わったのではと考えるようになったという。

そして実際に尾美は大林組の仕事に呼ばれなくなり、そのまま絶縁状態に。それから21年たった2016年8月、大林監督が肺がんで「余命3か月」と宣告されたというニュースが報じられ「もう2度と一緒に仕事ができないかもしれない」と悲しんだそうだ。

しかし18年、奇跡的に体調が回復した大林監督から新作映画出演のオファーが届く。作品は、監督の出身地でもある、あの広島・尾道市を舞台にした「海辺の映画館―キネマの玉手箱―」だった。尾美は33年ぶりに訪れた地で大林監督と再会。ただ、長かった絶縁状態の理由は、監督から聞けないまま撮影が終了したという。

番組でインタビューに応じた大林監督は、やはり尾美の愚痴を伝え聞いたことが原因だったと告白。「俺を裏切ったのか」とがっかりし、落ち込んだものの「おやじと息子みたいなもんですから。特に長男というものはいっぺん飛び出すんですよ。僕の映画につき合わせ、ほかの可能性を僕も奪っていた」と考え「家出息子、大きくなって帰ってこい」と“卒業”させたことを打ち明けた。最新作は「尾道にもう1回、里帰り」してほしいと思って尾美を呼んだという。

引用:https://hochi.news/articles/20190419-OHT1T50143.html

とのことです。

尾美としのりさんにとって大林宣彦さんは、幼少期から大変お世話になった恩師だそうで実際にこの話をスタジオで聞いた尾美としのりさんは涙を流しました。

結局のところ、仲直りは成立したみたいですね~ めでたしめでたし。

 

今回はこれで以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

 - テレビ , , , , , , , , ,