ブログ主のYAMACHANが、老若男女問わずみなさんに冒険心をくすぐるようなお役立ち情報を提供します。

ブログ主のYAMACHANが、老若男女問わずみなさんに冒険心をくすぐるようなお役立ち情報を提供します。

スポーツ

上本博紀は戦力外で阪神退団?理由は足の怪我が原因で成績不振!?

投稿日:2020年10月29日 更新日:

プロ野球界で衝撃的な出来事がありました。。

阪神タイガースの上本博紀さんの阪神退団が決定しました。

現在34歳の上本博紀さんは阪神タイガースの中堅選手だということもあってか、多くのファンからは退団を惜しまれる声が多数上がっています。

突然のベテラン選手の退団決定の事実を聞いたら、余計に阪神が上本博紀さんの退団を決定した理由というのが気になるばかりです。

その理由を詳しく調べてみました。

Sponsored Link

 

2020年、上本博紀がまさかの阪神退団決定!成績不振だったのか調査

数時間前に突如として入ってきた上本博紀さんの退団決定ニュース。

ある意味プロ野球界を揺るがす出来事ではないでしょうか。

そもそも上本博紀さんとはどういう選手なのかというと、上本博紀さんの簡単なプロフィールはコチラで↓

ポジション 内野手
投打 右投右打
身長/体重 173cm/66kg
生年月日 1986年7月4日
経歴 広陵高 – 早稲田大
ドラフト 2008年ドラフト3位

上本博紀さんのプロフィールを調べたのは僕自身初めてですが、少し驚いたのは彼の身長。 身長が173cmとは意外ですね。。

あのパ・リーグ『北海道日本ハムファイターズ』の斎藤佑樹選手が176cmですから、プロ野球選手としてはかなり小柄な部類だといえます。

「成績不振なのでは?」とほとんどの方が思われているみたいなので上本博紀さんの打撃守備成績を軽く調べてみました。

少々小さくて見にくいですが、手始めに打撃成績はコチラで↓

年度 所属球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 盗塁刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 長打率 出塁率
2010 阪 神 28 16 15 11 5 1 0 0 6 2 2 1 0 0 1 0 1 1 .333 .400 .375
2011 阪 神 67 131 108 20 27 7 0 3 43 13 8 3 7 2 14 0 27 0 .250 .398 .331
2012 阪 神 62 224 197 22 50 13 1 1 68 7 13 4 2 1 19 5 46 3 .254 .345 .333
2013 阪 神 25 70 59 13 15 3 0 2 24 8 2 1 2 0 8 1 19 1 .254 .407 .353
2014 阪 神 131 600 515 90 142 28 5 7 201 38 20 10 7 2 70 6 97 7 .276 .390 .368
2015 阪 神 108 452 375 44 95 18 1 4 127 31 19 11 29 0 44 4 69 1 .253 .339 .338
2016 阪 神 45 113 101 18 26 7 0 2 39 8 3 0 0 0 12 0 14 0 .257 .386 .336
2017 阪 神 125 488 409 57 116 20 1 9 165 38 16 1 23 2 50 4 71 7 .284 .403 .366
2018 阪 神 20 53 45 7 19 3 0 1 25 6 4 0 1 1 6 0 8 1 .422 .556 .481
2019 阪 神 62 119 104 10 20 4 0 1 27 6 5 0 3 1 11 0 37 1 .192 .260 .267
2020 阪 神 25 51 41 2 7 3 0 0 10 4 2 2 5 1 4 0 11 2 .171 .244 .239
通 算 698 2317 1969 294 522 107 8 30 735 161 94 33 79 10 239 20 400 24 .265 .373 .349

2014年には規定打席に到達し、142安打を達成するなどレギュラークラスの活躍をしています。

しかし以降の数年は取り立てて目立った成績は見られず、ことしの2020年では打率が1割台と低迷している模様です。

守備成績に関しては、一二塁間の当たりに強く、際どいボールも見事に好捕する場面もあったようです。

そして守備範囲は広く、打球に対しての反応は悪くないものの、問題なく捕球できそうな場面でエラーをしてしまったり、1試合で3失策をしてしまうなどでチームの足を引っ張ることもあったそう。

今後、阪神タイガースはどうなってしまうんでしょうね? 実際に上本博紀さんが退団したらもう阪神に選手がいないのでは?ってネットでは心配されるほどですから~

上本博紀

 

上本博紀 阪神の退団理由が気になる!原因は足の怪我、それとも年齢?

冒頭でお話しした通り、阪神タイガースが上本博紀さんを退団させた理由というのが特に気になります。

調べてみたら上本博紀さんはどうにも怪我の回数が多い選手らしく、特に足の怪我が集中的に多発してるみたいですね。。

なかでも2013年2月に行われたWBC日本代表との強化試合で左足首の怪我により靱帯を損傷してしまい手術。 もともと使命感と責任感が強い性格のためか苦しい時期だったそう。。

自分のことであんまり言いたくないのですが、辛くなって寝込んでいた時期もありましたね(笑) 当時の上本博紀さんの気持ちは痛いほど分かります。

他にも、打球を右手に受けて親指末節骨の骨折、左上前腸骨棘の亀裂骨折、左膝の前十字靭帯を損傷したりなどといった多くの怪我をされています。

そんな沢山聞いたら、野球って怪我のリスクが高いスポーツのような気がしてきました(^^;)

上本博紀さんは現在34歳、身体的な面でのピークは過ぎたものの少々若い気がしますが、、 やはり球団にとってそれなりの事情があるんでしょうね。。

それをさらに詳しく見ていきましょうか。

Sponsored Link

 

阪神が上本博紀を退団にした真相とは?

ではでは今回のメインである阪神タイガースが上本博紀さんの退団を決定した理由を考察してみました。

詳しい理由は分かりませんが、おそらくはたびたび負傷してきた足の怪我の影響、そして34歳という年齢を考慮した上で上本博紀さんを退団させたというのがもっともな理由なのではないでしょうか。

また、2019年の年棒が4800万円といわれレギュラー選手の金額だったということもあったため、球団からコスト削減のターゲットになってしまったのではないでしょうか。

このことから足の怪我が原因で退団につながったと一概には判断できないでしょうね。

田澤純一 結婚していて嫁がいる?2020現在って子供はいるか気になる

阪神タイガースを退いたものの、ご本人はプロ野球選手を引退したわけではなく、現役続行へ強い意欲を示されているみたいです。

なので他球団からスカウト、そして移籍する可能性はゼロとはいえないので ^^

これからも上本博紀さんの今後の動向に注目していきたいところですね~

 

今回はこれで以上となります。
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

スポンサーリンク

-スポーツ
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

Sponsored Link

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウィニフェル・フェルナンデス

ウィニフェル・フェルナンデスの性格や彼氏は?インスタ画像がかわいい!

いまとっても熱くなっている世界最高峰の大会真っ只中のスポーツがあります。 それはズバリ、2018年世界バレー女子ですよね!! 現在、日本は10月4日に行われた1次ラウンドでドイツに見事勝利しました。い …

ウェイン・ルーニー

ルーニー(元サッカー選手)の現在の仕事や姿は?子供の頃から悪童だった件w

2019年になってから1週間が経過しましたが、きょう7日のお昼ごろに驚きの報道が入ってまいりました! サッカー元イングランド代表のウェイン・ルーニーさんが昨年12月にアメリカのダレス国際空港で酩酊によ …

キムヨナ

キム・ヨナがアイスショー呼ばれない理由は?嫌われエピソードも…

最近、キム・ヨナさんがソウルの木洞室内スケートリンクで「SKテレコムAll That Skate 2018」1部の最終滑走者としてリング上に立たれたそうです。 ご本人は楽しかったそうですが、それもその …

ビッグダディ

ビッグダディの三女 林下詩美の彼氏は?好きな男性のタイプも!

ビッグダディこと林下清志さんの三女である林下詩美さんが女子プロレスラーとしてデビューされたそうです。 林下詩美さんは女子プロレス団体「スターダム」のプロテストに合格されましたが、3月に履歴書を送ってか …

ルカモドリッチ

ルカ・モドリッチと嫁との馴れ初めは?家族の集合写真がかわいい!

ロシアワールドカップも準決勝を迎え、クロアチアがイングランドに勝利したことが話題になっています。気になる決勝戦は、7月15日に行われる予定でフランスとの対戦が楽しみですよね~ クロアチア代表の中で一際 …

運営者プロフィール

ブログ運営者:YAMACHAN(やまちゃん)

平成5年生まれのゆとり世代です。

当ブログの雰囲気からして、いかにも一人旅を楽しんでいるような感じですが、実際は引きこもりです(笑)。

現在は毎日を漠然と過ごす日々を送っていますが、そんな自分を変えることを第一目標としています。

老若男女問わず、みなさんに冒険心をくすぐる情報発信を目指しております。

末長く楽しんで頂ければ幸いです。